リモートワーク終わるってよ?

基礎知識

コロナが終焉を迎えた後に、世の中の風潮としてリモートワーク終わるかどうかを考えていきたいと思います。

現役リモートワーカーの田中が書きます。

リモートワークはおわりません!

結論から言うとリモートーワークは、世の中の風潮として終わることはないと思ってます。

今回、2019年にコロナが発生し、良くも悪くもリモートワークが進みました。インターネットなどの社会インフラが整っていたこともあり比較的スムーズにリモートワークに移行しているなと私は感じています。

コロナが発生する前のリモートワークは通勤しなくても良いという従業員側の都合だけが強調されていたため、従業員のわがままなみたいな見方が大きかったと思います。

現在では、オフィスの縮小や通勤コストの削減など雇い主のメリットもこの強制的な社会実験にて解ってきました。

リモートワークの16個のメリット
現役リモートプログラマーのようへいが リモートワークのメリットを下記の16個紹介します それぞれのメリットについて説明します! 通勤時間が要らない リモートワーカーは自宅もしくは近くのレンタルオフィスで仕事をすることが多いです。...

一番大きい点としては、他社との打ち合わせにおいてビデオ会議が許される風潮になったと言うことです。自社でリモートワークを導入するのは比較的に簡単ですが、他社を巻き込むとかなり難しいと考えていました。

しかし、今回は非常事態ということで自社も他社も同時にリモートワークを導入する。かつ、自社がリモートワークを導入した理由を詳細に他社に説明する必要がなくなったことが大きいと思います。そのため、もちろん他社との打ち合わせはビデオ会議が常識になりました。

ここで打ち合わせの常識が、対面からビデオ会議に移行してます。

常識が変わるというのは、「均衡」が取れている状態だということです。
釣り合いが取れるということは、変更することが困難になります。

一度、難しい点を超えて均衡状態になると逆に元に戻すのには力が必要です。

自社、他社、従業員の3社が合意してリモートワークに移っています。

今後、自社で強制的に在宅に移行すれば、リモートワークに味をしめた従業員側から反発があり離職する可能性すらあると思ってます。

リモートワーク転職増えてるの?

転職サイトGreenでリモートワークというキーワードで調べると
1363企業7115求人の求人募集があります。(2021年12月5日時点)

リモートワークの始め方についての記事も書いてます。

リモートワークの始め方
「リモートワークを始めたいけど、何から始めたらいいか分からない」 そんな人のために、現役リモートワーカーの私が始め方につい丁寧に解説しました。 疑問があったら何でも聞いてください。 リモートワーク始めるためには ...

コロナが終わればリモートワークは終わる?

リモートワークになった理由がコロナなので、コロナが落ち着けばリモートワークは終わるという人もいるかもしれません。

コロナ以前は、リモートワークにしないといけない理由を作らないとリモートワークになりません。
しかし、コロナ以後は、リモートワークではない理由を作らないとリモートワークになります。

コロナが終焉しても強い理由がない職種については、リモートワークが残る可能性が高いと思います。

結論

結論、リモートワークは今後も終わりません!

現在社会では、ウィルスの検知能力が上がっています。
そのため、変異種が続々と報告されています。今後もウィルスの脅威は下がらないためリモートワークは維持されると考えられます。
また、将来的にウィルスの脅威が下がった場合でも、出勤するメリットが十分ないような場合は、リモートワークは維持されると思います。
2020年や2021年よりリモートワークの率は下がるとは思いますが、2018年の水準よりは遥かに高いリモートワーク率になると思います。

最後に

普段気をつけていることをまとめました。

このサイトではリモートワーカーに役立つ情報を提供してきます。

ぜひtwitter登録お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました